8月14日の日記

さて何を書きましょか…まあ、思いつかないのでテキトーに。G1は内藤が優勝したけど、珍しく予想が当たるという(苦笑)。今年は残念ながら内藤一択だったもんなあ。

ケニーが優勝したところで1年に4度もオカダ対ケニーなんて観たくないだろうと(苦笑)。そもそもリーグ戦でオカダに勝った時点で目的を果たしたも同然だしね。

今年も相変わらず挑戦権争奪戦が行われるみたいだけどやる意味があるのかな?それこそ内藤が前回優勝した4年前から始まったけど、あの時ってG1を優勝してもなんとなく頼りなく思えた内藤に箔をつけるためにやったものだったと思うんだよね。

少なくとも現時点で内藤がドームのメインを張るのに異議を唱える人なんて少数なんじゃないの?

そもそも過去4年で挑戦権が一度も移動してない時点で挑戦権争奪の意味がないし、G1が実質的な挑戦者決定戦になるのは違うと思うんだけどね。これはチャンカンでも一騎当千でも思うことなんだけど。

あとはフレアーが心臓病で入院してICUで治療しているみたいだけど…人はいつしか死んでしまうものだけど、まだフレアーには生きていてほしいよ。

柴田がG1の最終戦でリングに上がって「生きています!」って言ったみたいだけど、うちらはそのことについて考えなきゃいけないんだよね。

そりゃテーマ曲が鳴って柴田が登場したら沸くのは分かるし、柴田が復帰を望んでいるのであればそれに異を唱えるのは野暮だってのはわかる。

でも、その怪我って再発する可能性はあるんだよね?って思うんだよね。

レスラーである前にまず生きることだよね。安易に期待を持たせるのはまずいから「生きています!以上!」だったと思うし…

復帰したいって目標があるから頑張れるってのもあるんだけど…復帰目指してガンバレってよりなんか怖いなってのが強いんだよね。

WAVEの10周年で重大発表と称して「ザマーミロ」って言ったらしいけど、字面だけ追うと下品だよね。多分自分がWAVEやOZが苦手なのはこういうところなんだろうなって。

たしかにWAVEが10年持つとは思ってなかったけど、重大発表って何だろうって思っていたファンだっているのに、そんなこと言うために引っ張ってたの?ってことだし。

北都プロレスで例えたら「畠中ザマーミロ」って言われていい気分する?って話で。少なくとも表でいう話じゃないんだよね。

ナニクソって思うことは間違ってないけど、長与呼んだり、他団体の選手やファンに支えられてやってきたんじゃねえの?って思うし…そもそもこの団体でエロが下品なんだよなあ(苦笑)。

大分前になるけど里村が「激しいエルボーの打ち合いや顔面にストンピングを入れるのは、初めて見る人や子供にとってはえげつない攻撃で、感動に繋がらない。」ってつぶやいていたけど、これって今頃気づいたの?って話だよね。

地方にいたら複雑な展開って基本受けないことくらい分かるじゃん(笑)。そんなのが許されるのは新木場クラスでしょ(苦笑)。

ド田舎を回らないから分からないのか…ナナエにしてもそうだけどレスラーとしては素晴らしいけど視野が狭いというかなんというか。

センダイって10年以上やってるんだよね?で、それなの?って話で。まあ、今は地方で連戦する団体ってないからねえ…

基本的に知らないことを前提に考えてそこからどうするかって考えなきゃいけないんじゃないの?ローカル団体って。

一見そのツイートっていいこと言ってるんだけど、なんかねえ…って話で。

真っ先に見えなきゃいけないことをどや顔しているのかと思うと吐き気がするというか…

旭川プロレスについて書こうと思ったけどシンドイのでこの辺で(笑)。

それでは。

広告を非表示にする