わかりやすく簡単に解説するサイト様より憲法9条のデメリット

憲法9条のデメリット

メリットに対してデメリットは、現実に則して考えればいいため比較的挙げやすく、内容もわかりやすいのではないかと思われます。

では、デメリットは列挙形式で見て行きたいと思います。

デメリット1

他国が起こす侵略戦争に巻き込まれる侵略される戦争を仕掛けられる危険性が高くなる

メリットを見た際、憲法9条自衛隊に厳しい制限を科していることを確認しました。

そしてこの事実について、日本政府の暴走を食い止めるのに役立つという、自国政府に厳しい見方をすることで、メリットに数えました。

が、その厳しい目を、自国政府だけでなく他国政府に対しても平等に向けたらどうなるでしょうか。

日本政府と同様、当然、日本以外の国の政府も同様に暴走する危険をはらんでいます。

そして、日本以外の国は、憲法で戦争の放棄も戦力の不保持も謳っていないのですから、軍隊も日本の自衛隊より遥かに自由に行動が出来、他国を攻撃する兵器も日本のように制限されることなく保有できます。

ですから、暴走の可能性は日本以外の国の方が遥かに高いと言えるでしょう。

つまり、憲法9条の存在により、自衛隊の行動や軍備に厳しい制限があるという状態は、同時に他国の政府が暴走した際に、その暴走から日本国民を護るための自衛隊の行動や軍備に厳しい制限があるということでもあり、これは日本国民にとって大きなデメリットだと言えるでしょう。

また、自衛隊が厳しい規制により戦力を削がれているということは、それだけ自衛隊が弱いということです。

もし仮に日本をなにがなんでも侵略したいと思っている国が近隣にあったような場合には、その国にとって憲法9条ほど都合のいいものはないため、日本に対して野心を向けやすくなり、戦争を呼び込む可能性が大幅に高くなると見ることも出来ます。

また、他国から戦争を仕掛けられやすい状況というのは、とりもなおさず、東アジア一帯の抑止力の低下を招くということであり、地域の情勢不安を招くことにも繋がり、さらにはそれが世界中の情勢悪化にも繋がりかねないことでもあるため、諸外国にとっても迷惑なものであるとも言えるでしょう。

デメリット2

米国の軍事力に依存せざるを得なくなり、日本の政治に対する米国の発言力が増す

以上のデメリットを概観するかぎり、憲法9条と上記の前文は、日本国憲法の欠陥であるともいえ、日本は戦後を通じて、そのような致命的欠陥を憲法に抱えていたと見ることが出来ます。

それは、韓国に竹島を侵略され、北朝鮮に国民を拉致されたまま救出できず、尖閣諸島が毎日のように中国に脅かされ続けていることとも決して無関係ではなく、前述のデメリット1による被害だといえます。

が、しかし、憲法にそのような致命的な欠陥を抱えていたにもかかわらず、逆に被害がその程度に食い止められ、日本列島が戦後これまで戦争と呼びうるような大きな戦火に見舞われなかったことも事実であり、これは特筆すべきことでしょう。

日本列島の主権をどこかの国に奪われるまでには至りませんでした。

そして、その要因は、もちろん憲法9条を無理矢理に解釈することで保有した自衛隊の存在も大きなものですが、それにもまして大きな存在は、在日米軍基地と日米安全保障条約日米同盟の存在です。

また、冷戦以降は、日米同盟によって、アメリカの持つ核兵器の発揮する抑止力核抑止力の影響下に入り、いわゆる核の傘の下で平和が守られてきたという事実も見過ごせません。

つまり日本は、憲法の欠陥を、米軍の軍事力の強力なバックアップによって補われてきたわけです。

戦後日本の平和をどのような角度から眺めようとも、その事実を否定するのは無理筋というものでしょう。

しかし、この状況は、また違う観点から見れば、他国に自国の憲法の欠陥を補ってもらい、自国民の安全を守ってもらっているということにほかならず、それは大きな弱みを握られているということでもあるため、日本はこれまでその見返りに様な要求を突きつけられてきました。

その結果、日本はアメリカの言いなりであるとかアメリカの要求にNOといえない対米従属などという批判が常態化しているように、日本の政治に対するアメリカの発言力が強い状態が続いてきたのです。

ただし、この問題は非常に根が深く、そもそも日本国憲法そのものが、戦後まもなくアメリカの占領期にアメリカによって作られたものであり、憲法9条は、日本を武装解除するために憲法に盛り込んだ条文であったことから、アメリカとの関係がそのような関係にあるのは当然と言えば当然なのです。

とはいえ、近年、アメリカ経済の低迷や、戦争の手を世界中に広げすぎたことから、アメリカにとって本国から遠く離れた東アジアに軍を派遣して維持し続けることが大きな負担になってきているという側面もあります。

実際、アメリカは、フィリピンや韓国からは米軍基地をつぎつぎ撤退させています。

これはつまり、アメリカはあくまでもアメリカの都合で動いているということにほかならず、これは日本にとっても他人事とは言えません。

もしもアメリカの都合で一方的に米軍基地を撤退するような事態になれば、憲法9条は、ただただ悪意ある周辺国に対する日本の急所以外の何ものでもなくなるでしょう。

また、憲法9条があることで日本が自国の軍備のみで自国を守れないという弱みに付け込んで、アメリカがさらなる無謀な要求を突きつけてくることも考えられます。

つまり、憲法9条がある限り、自国を守るための日本の軍隊は弱く、その弱点を補うためにはアメリカの軍事力に依存しなければならないため、アメリカには弱みを握られ続けるしかなく、様な形でアメリカの思惑に振り回されることになるということです。

デメリット3国民に国際常識を欠如させる

ここまで見てきた内容は、すべて日本と他国との関係に憲法9条がどのように作用するのかという観点からの分析でしたが、ここからは国内に目を向けて、国民の安全保障に対する意識や態度への憲法9条の悪影響を見て行きましょう。

国民への悪影響は多岐に渡りますが、その根本をなすものとして国際常識が欠如するということが挙げられるでしょう。

このページでは再三、憲法前文の日本の存在を脅かす国などどこにも存在しないという価値観が非現実的だと指摘してきましたが、同時に、そのような価値観は、世界のどこへ行っても通用しない非常識です。

それは、嘘をついたり、泥棒を働いたり、殺人を犯すような悪人は世の中に存在しないというに等しい非常識です。

そして、日本では戦後を通じ、そのような非常識な世界観をもった日本国憲法を、世界に例を見ない平和憲法であるなどと手放しに賞賛し、小学校や中学校、高校大学でもそのように肯定的に教えてきました。

当然、そのような世界観価値観が当たり前になれば、国民が常識を失うことになります。

その結果として国民は、日本の平和を守っているのは、自衛隊と米軍の軍事力ではなく憲法9条であるという根拠のない強い思い込みに陥り、さらに日本の平和を守ってきた自衛隊や米軍軍隊は、むしろ危険な存在であるというような誤った認識も持つに至りました。

上記デメリット1の解説で、自国の暴走を食い止めるメリットと他国の暴走に巻き込まれるデメリットを比較しましたが、世界中どこの国でも、当然他国の暴走に巻き込まれる危険性への対応を重視して安全保障が考えられています。

が、日本では、自国の政府が暴走することばかりに目が向けられ、他国の暴走にはほとんど目が向けられず、むしろ現実的な憲法9条の危険性から国民の目を逸らすかのように、後者は無視されてきました。

これはひとえに、国民の国際常識の欠落が招いたことだといえるでしょう。

デメリット4国民の思考が停止し、過去のあやまちを将来に活かせない

憲法9条は、上でも少し触れましたが、基本的にアメリカGHQが占領期に日本を武装解除するために盛り込んだ条項です。

ですから、そもそも9条は、当時の日本国民がもう二度と戦争をしない、過ちを繰り返さないと自ら誓ったものである、などという戦後日本人の認識は明らかな誤りです。

その思い込みは、ただ、戦勝国が、敗戦国民の我に罪悪感を植え付け、戦勝国側を正当化する過程でそのような情報のみを与え続けた結果、国民の間でそれが常識になってしまったものです。

そのような事実は、敗戦から70年以上も経った現在では、自ら9条に疑問を持ちさえすれば簡単に客観的事実として眺められるまでに至っています。

さて、上記メリットで見た通り、憲法9条のメリットは政府の暴走を防ぐことができるというものでした。

ここでいう政府の暴走は、第二次世界大戦や、広くは明治時代の大陸進出等が念頭に置かれているわけですが、つまり、憲法9条を尊ぶ立場の人は、それら戦争の時代と同様の政府の暴走を過度に警戒しているわけです。

では、その政府の暴走なるものは、当時どのようにして起きたのでしょうか?というか、本当に政府は暴走したのでしょうか?また、明治維新以降に行われた一連の日本の戦争行動は、明治憲法に9条のような条項があったらそのいっさいを防げたのでしょうか?

憲法9条が仮に過去のあやまちを防ぐものであるならば、それらの時代の国内外の状況に照らしてもある程度具体的な適応関係がはっきり示せなければなりません。少なくとも、そのような議論があり、根拠が明確になった上でしか9条さえあれば昔のような戦争が起こらないなどとは言えないはずです。

ところが、世の憲法9条を尊ぶ人の意見は、そのような適応関係などには無関心で、ただただ9条がありさえすれば政府は戦争が出来ないから安全であるという安易なものばかりです。

戦争の時代に行われたことが仮にあやまちであり、本当にそれを繰り返さないようにするならば、最低限、当時日本がどのような状況下にあり、どのような判断のもと戦争に突入していき、その結果どうなったのかということを詳しく知ったうえで、それらと憲法9条の関係を考え、対策を講じなければならないはずです。

しかし、戦後の日本人は、そのことについて9条の存在を過信し、安心しきってきました。

つまり、9条の存在は、我国民の思考をある地点で停止させ、戦争の時代がどのようなものであったのかを詳しく知ることと、そこから未来を想像し考察することを妨げてきたわけです。

これも大きなデメリットといえるでしょう。

デメリット5未来の日本人に負担を強いる

以上の見てきたような、国際常識の欠如や思考停止等というデメリットは、とうぜん未来の日本人に安全保障上の負担を強いるものです。

9条がどのようなもので、どのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのかということを、あらゆる角度から理路整然と考えられるようにならなければ、国内にはびこる国際常識の欠如や思考停止はいつまでたっても改善されないでしょう。

議論の結果、改正すべきであるかないか、また、改正すべきであるとすればどのように改めるべきなのか意見を戦わせることは、間違いなく未来の日本にとってプラスに作用するのではないかと思われます。

以下は、憲法9条改正のアンケートですが、コメント欄をディベートディスカッションとして利用できるようになっていますので、ふるってご参加ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アンケートへの導入部分が転載できませんでしたので、元ブログからのご参加をお願いします。一見の価値ある論考とまとめだと思います。是非、ご高覧くださいませ。

charset"utf-8"/----------------------------------------表示位置部分----------------------------------------//IE用/enquetepreview118218text-align:center;charset"utf-8"/----------------------------------------表示位置部分----------------------------------------//IE用/enquetepreview118218text-align:center;/IE以外/enquetepreview118218alignDivwidth:400px;margin-right:auto;margin-left:auto;/----------------------------------------全体枠部分----------------------------------------/enquetepreview118218bodyDiv-color:FFFFFF;-image:url();-repeat:no-repeat;-:fixed;-position:lefttop;margin:0px;padding:5px;border-width:1px;border-color:000000;border-style:solid;/----------------------------------------タイトル部分----------------------------------------/enquetepreview118218titleDivcolor:339933;font-size:14px;font-family:sans-serif;font-weight:normal;-color:FFFFFF;text-align:left;margin:0px;padding:5px;border-width:1px;border-color:000000;border-style:none;/----------------------------------------質問部分----------------------------------------/enquetepreview118218color:333333;font-size:12px;font-family:sans-serif;-color:FFFFFF;text-align:left;margin:0px;padding:5px;border-width:1px;border-color:000000;border-style:none;/----------------------------------------答え全体枠部分----------------------------------------/enquetepreview118218answerDiv-color:FFFFFF;text-align:left;margin:0px;padding:5px;border-width:1px;border-color:000000;border-style:none;/----------------------------------------答え部分----------------------------------------/enquetepreview118218color:000000;font-size:14px;font-family:sans-serif;-color:FFFFFF;margin:0px;padding:5px;border-width:1px;border-color:000000;border-style:none;/----------------------------------------送信ボタン部分----------------------------------------/enquetepreview118218submitDivtext-align:center;margin:0px;padding:5px;border-width:1px;border-color:000000;border-style:none;enquetepreview118218color:000000;font-size:14px;font-family:sans-serif;text-align:center;margin:0px;padding:5px;border-width:1px;border-color:000000;border-style:solid;/----------------------------------------結果部分----------------------------------------/enquetepreview118218resultDivcolor:000000;font-size:12px;font-family:sans-serif;text-align:left;margin:0px;padding:5px;border-width:1px;border-color:000000;border-style:none;enquetepreview118218resultDiva:linkcolor:000000;font-weight:normal;font-style:normal;text-:underline;enquetepreview118218resultDiva:visitedcolor:000000;font-weight:normal;font-style:normal;text-:underline;enquetepreview118218resultDiva:hovercolor:000000;font-weight:normal;font-style:normal;text-:underline;enquetepreview118218resultDiva:activecolor:000000;font-weight:normal;font-style:normal;text-:underline;